お天気は良いものの朝晩だいぶ涼しくなってきましたね。

秋の気配です。

 

さて、山形市Hさま邸の現場レポートを

引き続きご紹介します。

 

前回の建て方の様子はこちらから(^^)/

 
 

クレーンによる骨組みを無事終えまして、

内外部の大工工事に移ります。

 

まずは筋交いを耐力壁になる箇所に入れてゆきます。

 
 

 
 

(「高圧釘打機」の字がお上手!)

 
 

 
 

アップにすると大工さんの繊細さが窺えますね。

 

玄関やサッシ枠・窓ガラスも現場に着々と届きました。

 
 

 
 

窓が入るとぐっとお家感が増します。

 
 

 
 

 

はき出し窓から中をのぞいてみました。

 

内側から見ると壁(になるところ)に真っ白な紙のようなものが貼られていますね。

それがこちら。

 
 

 

透湿防水シートです。

読んで字のごとくとはまさにこのことですね!笑

後に内側には断熱材が充填され、外側は外壁が貼られます。

ペラ1枚のように見えて大変重要な役割をお持ちです。

中間検査もしっかり通過し準備OKです(^^)/

 
 

 
 

ここまでで外観はこのように変わりました。

ここからは外壁が貼られるまで外部の見た目はあまり変わりませんが

内部はどんどん進んでいきます。

 

次回に続きます♪